【スポンサー広告】  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カイロ海戦終了しました。
両陣営、支援に来てくれた方ありがとう、そしてお疲れ様でした。


今回の海戦、イング&ヴェネ vs ポル&ネデル という何度も戦った連盟相手同士。
この組み合わせで何度も戦ってきたけど、戦力差はかなりの開きが出てきた。
過去1年近く前カイロでやったときは、全く逆の状態だっただけに時の流れを感じた。

イングランドはあの頃からレイプ海戦と呼ばれる海戦を何度も経験し、軍事立て直しを図ってきた。
隔日で継続させたヘルデル模擬は大きな役割を担っていたと思う。
今では立派な軍事大国。
国を引っ張る程の実力を持った艦隊と、それを活かし伝達していく場。
上手く融合した結果だと思う。

今ポルがその立て直しの最中に見える。
毎日開催されるオポ模擬。
その成果を見せた艦隊。
イングと同じ土台は揃っている。
これからはポルが立ち直り、軍事大国になる番なのかもしれない。



今回はいくつかの仕様変更等により、海戦にも変化があった。
影響が出ているのは、対NPC戦功の変更、洋上再編の不可、同艦隊との連続戦闘の制限、JB船。こんなとこかな?

NPC戦功が減ったことにより、前回のようなゲリラ戦は少なかったように思う。
洋上再編不可は面倒だけど、N狩り艦隊等へは有効打になってるんじゃないだろうか?
これにより、MVPは対人軍人へと戻ってきた。

JB船は、小型中型船。

小型は特殊機雷直撃阻止かな。
船の幅がかなり広がったと思う。
特殊機雷はかなりやっかい。
大浸水で痛いのは被ダメもそうだけど、船足。
これには参った。
しかも自然治癒が結構遅くて、戦闘終了後も延々ぴゅーぴゅー吹き続けてる船が何隻もあったw

直撃阻止は、頭クリを狙えないだけでかなりやらしい・・・気がした。
小型の場合、2コンボで逝くから、タイミングさえ合えば横で充分なハズ。
けど、なんとなくあのグラフィックのせいで、効かない気がして撃ちにくいwww
慣れてしまえばそれほど脅威ではないかも。


中型船は、船としてはコルヴェットの優秀さ。
船倉の多少の使いにくさを除けば非常にバランスが取れている。
増減なしくらいなら充分実用的だしね。
重量砲撃は、敵旗艦を捕まえるのにかなり有効。

ただ、これ1択になることはなさそう。
改装重キャラは以前以上に使い勝手が良くなるかも知れない。
コルヴェット乗りがかなりの割合を占めるようになったため、重量砲撃用にカロ使いが圧倒的に多くなった。
フリゲ、ピンネ、コルヴェット辺りはそれでも問題ないんだけど、重キャラの耐久はカロじゃ落ちない。
回避入れときゃ、966で貫通入れてのクリでも落ちないから物凄いしぶとく生き延びれる。
実際かなり苦労した。


と、こんな感じにJB船による変化が結構出始めている。

ただ、個人的には今回試してみて結局使わなくなる気がする。
機雷は使わないし、直撃阻止はいいけど、枠使うのが微妙。
使い分ける感じになるだろうけど、切り替え時が問題。
重量砲撃もいいんだけど、カロの決定力不足が痛い。
結局キャノン積むことになって重量も使わない。
操船強化は論外w


いやー、なんか前振り長いねw




結果は↓から







今回の海戦はちょっと特別でした。

サンハイがこれを最後に長期休止することになったから。。。
今まで一緒にやってきた仲間だから寂しいけど、気持ちよく送り出すためにも良い大海戦で締めたかった。
なるべくサンハイとみんなが組めるようなローテーション編成で、最終日はガチで望む形に。

そして迎えた最終日。
気合いが入りまくりで挑んだけど、ちょっと空回りした感があった。
前日の沈みまくった教訓を活かしはしたけど、撃沈が思ったように出来ないストレスからか動きに焦りがあったかもしれない。

で、こんな感じ。



カイロ海戦3日目結果




脳筋ツール結果。



カイロ海戦3日目脳筋ツール






まぁ、色々反省点はあるけど楽しい大海戦でした。
初日にRちゃんがMVP取ってくれたしね。
あと、ネ申さんが助っ人で入ってくれたお陰で色々と勉強なった。
ホントにありがとう。




カイロ海戦3日目集合SS





集合写真はなぜかFATEと一緒にw





---


その後、ヴェネへ。


ヴェネでサンハイと決闘の図w



決闘





実は、この日で休止なのはサンハイだけでなく、しどっち・はるかっち・くりむちゃんも。
くりむちゃんは、2週間後には戻ってくるみたいだけど、他は不明。
一気に3人もいなくなる寂しさは予想以上のものがあった・・・。



脳筋の別れは、1オンで。
各人それぞれがその砲を噛みしめる。
今までの生き様を感じた戦闘だった。

最後はサンハイとはるかっちを提督にし、集まれる仲間達の艦隊戦で締めた。



ラスト艦隊戦





別れの際、いっぱいいっぱい言いたいことはあった。
でも、何も言葉として出せなかった。
凄くもどかしくて。
落ちた後は、今までのコトが走馬燈のように頭に浮かび、涙が溢れた。
物凄い虚無感にどうすることも出来なかった・・・。



ホントはそれぞれに対して、色んな思いを書き連ねようと思ったけど、こんなとこに書いても仕方ない。




ただ、一言だけ言わせてください。




















ありがとう。




















おかえりと言える日を待ってます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あ、あの・・・
感動のお話の所、申し訳ないんですけど、
SS何とかならないっすかね・・・
自分で何言ってるんだろうと
非常に恥ずかしくなります・・・
2006/10/10(Tue) 22:53 | URL  | ロブ [ 編集]
なんとかしときました^-^
2006/10/11(Wed) 09:17 | URL  | Erry [ 編集]
修正サンクス( ^▽^)
でも、
バレバレのような希ガスwwwwww
2006/10/11(Wed) 14:29 | URL  | ロブ [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。