【スポンサー広告】  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえて1日記事を寝かせました。
案の定、感情的過ぎたので削除した。

ただ、冷静に考えてもあの試合の感想は、「情けない」

正直応援してた時の気分は8年前の再現のようだった。
逆転される前の時点、即ち先制している時点からその思いはあった。

試合の内容に関しては、いっぱい書いてたけど、全部省く。
読んでも愚痴ばっかだしw

以下結構長いカモ。






色々言われてるけど、オレは川淵キャプテンが日本のサッカーを変えてると思う。
キャプテンって彼が公募した言葉で、要はサッカー協会会長なわけだけど。


J発足当時、日本と世界との差は、大人と子供程の差があった。別次元のスポーツ。
このプロリーグ結成で何かが変わる予感がした。
世界中からスーパースターが集まり、夢のように酔いしれた。
んで、その加熱ぶりは数年で終わる。
既に野球が国の球技となっている日本では、難しい現実だった。


当初から当時の川淵チェアマンはハッキリとした方向性を打ち出していた。
地域に根差したスポーツ。欧州型のスタイル。
日本とサッカー強豪国と呼ばれる国の環境の差は歴然。
日本では、サッカーは数あるスポーツの1つでしかなく、生活となんの関わりもない。
欧州では違う。
日本人が一番イメージしやすいのは、野球だろうけど国民の意識としては相撲に近いかもしれない。
で、誰しもが理想としてこの状況を思い描くことは簡単。
彼はこれを実際に目指した。


日本のプロスポーツに取って、当時は大きな壁があった。
この業界切ってのドン、元巨人のオーナーのあの人。
日本のプロスポーツとは、企業スポーツであるべきと、当時ヴェルディのオーナーでもあったナベツネは推し進めた。
で、川淵チェアマンはそれに対して徹底的に譲らなかった。
そして打ち出した「Jリーグ100年構想」。
正直、夢物語だと思った。
でも、それだけ腰を据えてじっくり取り組む姿勢は、本気なんだなと思えた。
目先にとらわれず、その視線は1世紀先を見据えている。
そう思うだけで頼もしくワクワクした。
日本も本当にサッカーが地域に根差したスポーツになってくれるんじゃないかと。



98年ようやく辿り着いたW杯。
世界との壁を再認識し、今の状態では決して乗り越えられない高さだと打ちのめされた。
やっとスタート地点に立っただけなんだなぁ、これからなんだなぁと。
ただ、この時は行けただけで満足って事実に救われた。


手探りながらも迎えた2002年W杯日本開催。
岡ちゃん時代からおぼろげに目指した形を、トルシエは明確な形として表現した。
期待以上のきちんとした結果を残してくれた。


そして今。
4年前に出来た形を壊し、以前の日本サッカーに戻りつつあるように思える。
ジーコが目指すサッカーは、南米サッカー。
昔ながらの日本が目指した形。魅せる形。
近年欧州型を目指し、組織的なプレスサッカーへと変貌してきた日本。堅実な形。
身体能力の高くない日本人は、早いパス回しと組織的なプレスで世界にある程度対抗出来る力を得たハズだった。
ジーコ就任当初はこれを物凄く危惧した。
せっかく培ったモノが失われるんじゃないかと。
でも4年間見守ろうと思った。
結果が示すハズ。


4年という歳月は長い。
長期的な視野で見ても、世代交代を考えると決して見逃せない期間だ。
4年前からのここ数年間で100年構想が現実味を帯びてきた今。
今回の試合を見て、8年前を思い起こしたのは偶然だろうか。
後戻りはしていないだろうか?



近年日本はサッカーに関して、急成長を遂げている。
裏を返せば、後ろ盾のない危なげな状態。
少し思い返してみて欲しい。
たった10年前はW杯出場すら夢だったのだ。
そして8年前は出場したものの為す術もなく敗れ去った。
日本は、4年前たった1回だけ世界に通用する戦いが出来ただけだ。

この状態でなぜマスコミは、勝つのが当然のようなことを言えるのだろう。
まだ望みはある! まだまだ行ける!
なんでこんな言葉が出るのだろう。
WBCの時もそうだった!
野球のような裏打ちされた底力はないんだよ。ぽっと出なんだよ。



もちろん日本代表を応援したいという気持ちは変わりない。
ただ、マスコミの報道に関しては、昔から不快感を覚えるモノが多い。
ファンやサポーターはどんどん増えて欲しいし、根差して欲しい。
でも、マスコミが馬鹿なまま、中身のないコメントをするのは、本来Jの目指す構想と違うのではないだろうか?


川淵キャプテンは本当に日本のサッカーを変えてくれた。
でも、ジーコを推薦したのは他ならぬ彼だ。
全面的にバックアップしているし、固執しすぎている。
もう少し、自身の壮大な構想を思い返して欲しいと思う。



力のないモノに対しては圧倒するパワーサッカー
個人を生かすサッカー。

組織としてチームとして負けない戦いをするサッカー。
One for allの精神。

どっちが良いかは好みの問題。
但し、今の日本に選択肢はない。
100年構想が現実化し、ブラジルのようなハングリー精神が養われたとき、初めて選択肢が生まれるのではないだろうか?


ジーコの采配がどうとかは言わない。
これはスタイルの問題なのだ。
歴史的にも精神的にも未熟な日本。
残り2試合の内容次第で、今後の方向性、そしてこの4年間の意義が見えてくる気がする。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
| 冫、)ジー
へりたん、
本当にサッカー好きなのね・・・
日本VSオーストラリア戦は残念でした・・・
応援してた人はみんながっくりしたでしょう。
俺もションボリです。・゚・(ノд`)・゚・。
戦術うんぬんとかは俺には全然わからんけども、
いつか日本が、
世界に通用する、
世界を圧倒できるチームになるといいね☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
その日が来るまで、
あきらめずに応援しましょうヽ(´▽`)ノ
あと、
Erryたん、ICBMにようこそ!
2006/06/14(Wed) 19:59 | URL  | ロブ [ 編集]
そだねー
まぐれ当たりによる一時のブーム的な強さじゃなく、地域と一体化し、生活に密着した形の地盤があれば本物だと思うんだよね。
日本が強豪と言われる姿を夢見て・・・そして信じてます。

あとこれからもよろ!
2006/06/15(Thu) 09:16 | URL  | へり [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。